トイレトレーニングとたすかったブームと

IMG_0009

妻です。

相変わらずおむつはずしに奮闘しています。笑

一体いつになることやら…(;´Д`)

 

これは半月ほど前の話。

「おしっこ出ないー?トイレ行ってきたらー?」という度に、

息子は「ない!!!」と言い、

そして言ったそばからじょーーーーーっとおしっこをし、

「あーもうだからトイレ行ってきたらって言ったじゃないの!」

をひたすらに繰り返した日がありました(;´Д`)

この日は私の体調がものすごく悪く、

なにより息子のおしっこを拭いたりおむつを洗ったりというのが本当に苦痛で。

でも何を言っても何と言っても

IMG_0002

「わかったー わかったー」ばっかりで何にも伝わらない。

もう嫌だ、疲れた、一体いつになったらおむつが外れるんだろ。

…で、夜、その日何度目かのおしっこで我慢の限界に。

IMG

正座して息子に向かって、真顔で言ってみる。

でも聞けと言ったところで聞く男ではない。

のりものの図鑑指さしては「これなあにー?」と言ってくる。

「たっちゃんがかーちゃんの話を聞かないんだったら

かーちゃんもたっちゃんの話は聞かない!!!」

「イヤイヤイヤ!!!!!」と押し問答しながらも、

でも話を聞く気はないようでおもちゃをあさる息子。

ものすんごい険悪な雰囲気。

しばらくして、耐えかねたのか、黙って座った息子。

で、

IMG_0007

とにかく疲れたからおしっこはトイレでしてくれ、と。

息子がぶすーっとした顔でそっぽ向くので、

IMG_0005

怒っているのではなく、疲れたからやめて欲しいと言っているのだ、

と繰り返し強調。

ああここにお父さんがいたら

「怒ってないとか言って、めっちゃ怒ってるじゃんかなー」とか

ちゃちゃ入れてくるんだろうなーと思いながら、

まあでも息子から見たら怒ってるようにしか見えないんだろうな。

ああ嫌だな、もう嫌だな。

なんでこう上手くいかないんだろうな。

とどんどん自己嫌悪に陥っていきまして。

 

でも何故か少しの沈黙ののちに、息子が突然、

IMG_0009

わかったよー?

みたいなことを言い出して

何度も何度も、

「かーちゃん、つかれたー」

「おしっこ、といれでしたらー、かーちゃんたすかるうー」と繰り返す息子。

真面目に、一生懸命に。

今まで見たことがないような、そんな雰囲気があって。

これっぽっちもうまい言い方出来なかったけど、

けれど何かが伝わったような手ごたえがあって、

それは本当に初めてのことで。

 

…以来、息子に「たすかったーブーム」が訪れました。笑

確かにしーーーーっかり伝わっていたらしい。笑

トイレを促すとすたたたたーとトイレに行くようになったけれど、

帰ってくると必ず「たすかったー??」

IMG_0001

「おー!!助かった助かったー!!かーちゃん超助かったー!」

と返事をすると、笑う。笑

IMG_0004

とにかく何をやっても「たすかったー」

ごはん食べたら「たすかったー?」

IMG_0003

昼寝から起きたら「たすかったー?」

IMG_0006

ブルドーザー見つけて「たすかったー?」

IMG_0008

とまと食べたら「たすかるー?」

IMG_0010

段々「おいおい…( ̄▽ ̄;)」って状態に。笑

 

…育児って難しい。

子どもを育てないと!とか、

そんなこと全然考えてないから「育児」って表現はいまいちピンとこないけど、

でも子どもが大きくなってくると「こうして欲しい」「ああして欲しい」ってことが、

どんどんどんどん増えてくる。

こうゆうのは、いわゆる「育児」って言葉に含まれてくることなんだろうと思う。

自由にのびのびさせてあげることが、

一番いいことのような気がして、

私の「こうして欲しい」「ああして欲しい」は、息子の自由を奪ってばかり。

子どもが自分でやろうと思えるようになるまで、

自分で「そうしよう」と思える時がくるまで、

なんでもゆっくり待ってあげられたら、

それが一番ものすごくいいお母さんなのかもしれないけれど。

 

それでも毎日毎日朝から晩までつづく暮らしのなかで、

どうしても「もう無理!!!」ってなるときがたくさん、たくさんあって、

息子に怒ったり、冷たく接したりしてしまうことがあって、

だけどそうゆうことも含めて私は私で、私は息子のお母さんで、

ああまたやってしまった、と落ち込みながら、

今日は出来る限り息子の意思に沿って生活してみよう、なんて思ったり、

でも何度目かで挫折したり(笑)、

だけどそうゆう全部を積み重ねて私たちは親子で、

怒ったって仕方がないじゃないか、とか、

子どもがのびのび出来なくても仕方がないじゃないか、とか、

開き直るわけではないけれど、

そうゆうことがあっても、

そうゆうことは時として頻繁にあっても(笑)、

反省しながら謝りながら変わりながら、進んでいけばいいじゃないか、と。

そうゆうところが、たまに聞く「育児は育自」ってことなんだろうと、

だから、まあいいかー、なんて。笑

私が、変わろうと思えているなら、それでいいかー、って。笑

 

なんだか話がだらだらと逸れてしまったけれど、

つまりそうして息子のおむつはずしは今日もあまり進展しないまま、

続いているわけです( ̄▽ ̄;)

つまり、”自発的に”トイレに行くようになって欲しいのだけれど…

ああ早く終わってくれ、トイレ地獄…(;´Д`)