のうおとこ

IMG_0004

妻です。

…いつからか、息子が1歳半ぐらいの頃からかな、

何故かものすごく気に入っている小説があります。

首藤瓜於著『脳男』

IMG_0004

…そんな子どもがウキウキ楽しむような本じゃないし、

しかも何より不思議なのはカバー写真がめっちゃ怖い( ̄▽ ̄;)

なんで好きなんだろ( ̄▽ ̄;)?

だけど何故かうちの本棚にある150冊近い私の文庫本のなかから『脳男』を選び取り、

「たっちゃんのほーんー!!」と言い張る( ̄▽ ̄;)

IMG_0002

そんでたまに声に出して読んでる。笑

IMG_0003

なーんーでーかーなー( ̄▽ ̄;)?

ちなみに『脳男』は、

連続爆弾犯のアジトで見つかった心を持たない男と、

その男の精神鑑定を担当する女医師の話。

何年か前に生田斗真主演で映画化されていて、

その頃は「なんか変な映画にジャニーズが出てる」なんてくらいの認識だったんですが、

中古本のお店でたまたま『脳男』を発見し、

100円だったので(笑)、ちょっと気になって買ってみた本でした。

私学生時代から映画が大好きで(邦画限定(笑))、

映画化された本、って言われるとついつい買いたくなっちゃうんです。

 

とまあ、そんな感じで何の気なしに買った本だったんですが、

まさかこんなに息子のお気に入りの本になってしまうとは。

最近ではネコを追い回すときにも「のうおとこー!!」と叫んでいます。

IMG_0001

何がなんだか…( ̄▽ ̄;)

あまりに息子が『脳男』を気に入っているもんでつい、

「『脳男』にはDVDがあるんだよ」と声を掛けたら、

IMG_0005

「見たい!!見たい!!」と大騒ぎ( ̄▽ ̄;)

でもよくよく考えたら子どもに見せて楽しい話じゃないし、

しかもむしろ爆破シーンとかなんか悪影響ありそう。

いや、やっぱり『脳男』のDVDはやめだ、やめ。笑

…にしてもほんと、なんで『脳男』好きなんだろうなあ…( ̄▽ ̄;)