こんにゃくと猫めし食い

img_0009

妻です。

最近スーパーへ行くとよく息子がこんにゃくをカゴに入れるので、

img_0007

うちの冷蔵庫にはいつもこんにゃくが置いてあります。

昨日の夕方、あまりに暇だったので(笑)、

おやつ代わりにふたりでこんにゃくを調理してみました。

 

img_0005

まず袖をまくって手を洗い、

こんにゃくでもちぎってもらおうかとボウルに入れて渡すと、

img_0004

「つめたい!!」と嫌がる息子( ̄▽ ̄;)笑

ちぎってもらえばそれで一緒に作った感があるかな~と、

それ以降の工程はひとりでやろうと思っていたのに初っ端から失敗。

ちぎるのは私が行うことにし、仕方がないので一緒に炒めることにしました( ̄▽ ̄;)

まずはあく抜き。

これは息子にはちょっと危ないですね。

img_0003

あくを抜いたら炒めます。

さて息子の出番。ごま油を入れて、

(我が家は普段、脂は牛脂かラードを使いますが、

こんにゃくにはやっぱりごま油がいいですね♡)

img_0011

こんにゃくを投入して炒めます。

img_0001

結構油が跳ねますが、息子があまりにやる気満々なので気にしないことに( ̄▽ ̄;)

で、味付け。醤油を入れて、

img_0006

塩もちょっと。

img_0002

「フライパンに触ったらやけどするからね!!!!!」

「ああもうちょっと、醤油入れすぎ!!!!!」

「塩はそんなに入れなくていいの!!!!!」

と実際はどったんばったんでしたが、まあどうにかこんにゃくの調理が終了。

img_0013

味が濃すぎるかと思いきや意外と丁度いい感じに仕上がりました。

こんにゃくは濃いめでも結構食べれるので、

子どもが味付けをするにはやりやすいかもしれませんね。

 

で、息子はうっきうきで、最近はやりの猫めし食い( ̄▽ ̄;)

がぶっとやって、

img_0010

がばっと起きて、

img_0009

ぺっと吐いて、

img_0014

がつがつ。

img_0008

もう怒っても注意してもどうにもならないので諦めました( ̄▽ ̄;)

そもそもなんでも真似したがる2歳児。

猫めし食いも、ネコの真似。

どう注意する方法がありましょう( ̄▽ ̄;)?

ときどきくわえながら、ふらふら移動もします。

img_0012

…ああもう、勝手にしてくれ( ̄▽ ̄;)

 

とにかく食べ方にいささか難があるとしても、

こんにゃくは一緒に調理できることが分かりました。笑

これから何かと重宝しそうです( ̄▽ ̄;)