過ぎてゆくもの

img_0005

妻です。

最近ちょっと疲れています。

…なんか、あまりに息子がうるさくて( ̄▽ ̄;)

朝から晩までなにかにつけ「なーにー?なにー??」

img_0005

しかもなんか段々「なにー?」を言うことの方が目的になってて、

全然「なにー?」って聞いてない。

なんと答えても答えなくてもとにかく「なーにー?」と畳みかけてくる。

img_0003

ああもううるさいうるさい少し黙っててくれーーー!!!

ってついついキャパオーバーになってしまい、

「なにー?」と言われると

「なんでもない!!!」と言い返してしまうことが増えてきました。

ああまたやってしまった…と思いつつも、もうなんか、しんどい(;´Д`)

 

そんな日々を過ごしていたところ、

昨日突然に初産婦で臨月を迎えたという方からメールを頂きまして。

布おむつについての質問だったんですが、

それがもう、嬉しくて嬉しくて仕方がなくて。

息子がお腹の中でボコボコ暴れ回っていた頃のこと、

お腹の子に会いたい気持ちと、まだお腹の中にいてほしい気持ち。

何をするにも「よっこいしょ」ってしんどくて、

でもそのしんどさが堪らなく幸せだったこと。

産後がすごく不安だったこと。

自分に子どもが育てられるんだろうかって、いっつも思っていたこと。

でも何があってもこの子は私が守らないと!!と思っていたこと。

ちなみにこんなこと言っていいのか分からないけど、

今では主人がものすごーく頼りになるので、私はいつ死んでもいいと思っています。

万が一の場合にもお父さんがいれば、息子は大丈夫。

どちらかは何があっても生きなければいけないけれど、

妊娠中は「私が守らないと!!!」って思っていたことを考えると、

心持ちが全然違います。

どうしても男の人って妊娠するわけじゃないから、

特に初めての子は、産まれてこないと”お父さん”って実感が持てないんでしょうね。

 

まあ、それはさておき。

初心に帰れた、って言うんでしょうか。

その一通のメールに、ものすごく救われたような気がしました。

先をゆく人からみれば、うちの息子もまだまだまだまだ可愛い盛り。

何かとテンションが高くて、いっつもにっこにこで、

img_0001

何かにつけ”がしっ”って突進しながら抱きついてきて、

img_0004

おっぱい飲みながらじゃないと眠ることも出来なくて。

img_0002

なんだなんだ、可愛いじゃないか。

巻き込まれている時には気が付けないけれど、

ふと少し離れたところから見てみたら、

可愛い、可愛い盛りではないか。

 

がんばろう私。

もっと、優しくあろう。

だって今の息子は、

必ずいつか、過ぎてゆくものなのだから。