病理学の国試対策的イラスト

img_0010a

妻です。

昨日の衛生学のイラストに対して好意的なコメントを頂いたので、

連チャンで今日は『病理学』のノートにいっちゃおうと思います( ´艸`)笑

 

病理学なのでちょこちょこ病気の名前も出てきます。

その病気の方に対して不適切な表現があるかもしれません。

ただ、国試というのはただひたすらに大量の知識を覚えなければいけないものなので、

いかに記憶に残せるようにするが大事になのです(´;ω;`)

ここに描いてあるものは、私の脳内から生まれたものもあれば、

先生が覚えやすいようにと教えてくれたものもあります。

そこのところをどうかご理解いただいたうえで、お楽しみいただけたらと思います。

 

では『病理学』です~。

 

〇痛風の続発症、痛風腎
img_0001a

〇病気の内因
img_0001b

〇女性が罹りやすい病気、シェーグレン症候群
img_0001c

〇カリウム欠乏で不整脈
img_0002b

〇ニコチン酸の欠乏でペラグラ
img_0002c

〇川崎病は小児で原因不明
img_0002e

〇出血性梗塞は肺梗塞と絞扼性腸閉塞(小腸)
img_0003a

〇アポトーシスはプログラム細胞死
img_0004

〇骨の再生にはリンが必要
img_0005a

〇腎臓は移植までの保存可能期間が最も長い
img_0005b

〇創傷治癒の主役は繊維芽細胞
img_0005c

〇CRPは炎症性疾患の時に血中に出現するタンパク
img_0006a

〇「特異性」は珍しいってこと
img_0006b

〇肉芽腫は腫瘍ではない
img_0007b

〇進行胃癌の肉眼的分類、ボルマン分類
img_0007a

〇空腸にはガンは出来ない
img_0008a

〇小児は神経芽腫の頻度が高い、最近は白血病
img_0008b

〇女性に多いガン
img_0008c

〇男性の死亡者数順位は、①肺②胃③大腸
img_0008f

〇B細胞は液性免疫
img_0009a

〇アナフィラキシー型はⅠ型
img_0009b

〇グットパスチャー症候群はⅡ型
img_0010a

〇常染色体は22対44本
img_0010d

〇猫なき症候群は第5染色体短腕欠損
img_0010b

〇ビタミンCは奇形の原因にはならない (そうゆう4択があったらしい。笑)
img_0010e

 

さーて、なんかちょっと疲れたので(笑)、明日はいつもの育児ブログに戻ります♡

このシリーズは、また気が向いたときに。

ではー(・ω・)ノ