絵本びりびり

絵本を破く子ども

妻です。

最近息子がよく絵本をびりびり破きます。

小さいころもしょっちゅう、破ったりかじったりしていたけれど、

赤ん坊がするのと2歳児がするのとでは、

なんか全然違うんですよね…(´;ω;`)

私自身が本も絵本も大好きだから、尚更しんどいのかもしれません。

 

ぐっとやって、

img_0005

びりっ。

img_0003

その本お気に入りなんじゃないの?とかそんなの関係なし。

「絵本を破るんじゃない!!」と怒ると、

img_0002

急いで追加びりびり。

img_0007

それで、即没収。

img_0006

…というのを、ここのところしょっちゅう繰り返しています(;´Д`)

 

嫌だなあ、なんで絵本破るのかなあ…

ページが無くなったら読めなくなるじゃないか…

と、破られる度に嫌~な気持ちになっていた私。

でもさっき、育児に関するとある本を読んでいたら、

そこにこんなことが書いてあったんです。

 

”子どもに何かを与えたら、それは子どものもの”

”子どもの独占的なコントロールのもとにおくこと”

”破ろうと、壊そうと、親の知ったことではない”

”もしあなたが何かをもらっても、

その扱い方にいちいち口を出されたら嫌でしょう?”と。

 

なるほどなあ~。

いかに私が息子に対して余計なことをしていたのかと、

胸に染み入りました…(´;ω;`)

絵本はすべて、息子のためにあるもの。

img_0004

息子のために私たちが買ったり、

息子のためにひとから貰ったもの。

彼がどのように使おうと、それは彼が決めること。

それなのに「破っちゃダメ!」とか、「破るなら没収するよ!」なんて、

私の方がちゃんちゃらおかしいわけですね。

ああ反省反省…。

しかも子どもが絵本を破くのって、

明らかに、楽しくってやってることなんですよね…。

そういえば前に救急車のおもちゃを投げて破壊することにハマっていた息子から、

「わざと壊すんじゃないの!!」って取り上げたこともあったなあ…(;´Д`)

これからは息子のものに対して彼がどう扱おうと、

口を出さないように気を付けないとなあ…と思っている私です。

 

ただ、テープで補修した絵本を見る度に、

「にゃーお??」

img_0001

つまり、「これネコが破ったの??」と真面目に聞いてくるのだけは、

ものすごーく納得できないんですけどね(;^_^A笑