なぜ言わぬ

お母さんって言ってほしい母

妻です。

息子1歳11ヶ月。

毎日毎日どんどん言葉が増えてきているのに、

今日なんか「バッタ!」まで覚えたのに、

相変わらず”お父さん””お母さん”は言いません。

これは昨日の夜の話。

 

「”お母さん”って言ってみたらどうだい?」

「お・か・あ・さ・ん!」

と、意地でも息子に仕込んでやろうと私が繰り返していると、

img_0004

ニヤニヤ照れながら、「…かあかあ♡」って。

img_0005

わわわわわ!

なんか近づいてきた近づいてきた!!!

”かあかあ”ってなかなかよいではないか!!

img_0003

もうじゃあ、「かあかあ」でいこう!「かあかあ」で!

と思ったのもつかの間、

「もうもう♡♡」と張り切る息子。

img_0001

…かあかあもうもう???

それ絵本じゃん。ってか、あたしゃカラスかい。

img_0007

と、そのやり取りに対して主人が一言。

img_0002

それによく寝るしな!ってか( ̄▽ ̄;)?

どんだけ失礼なんだあんたたち( ̄▽ ̄;)

カラスの「かあかあ」も牛の「もうもう」も言えるのに

なーんで”お母さん”が言えぬのだ。なーんで。

一時期怪しかった「ママ」もいつの間にか消えたしなあ…。

 

ちなみに息子人生2つめの二語文は、「かき…ない…」

img_0006

お父さんが畑の近くの無人販売所で買った柿がたいそう気に入った息子。

柿を食べきってしまい、悲しんでおりました(;^_^A

「おちゃ、おいちー」に続いて、「かき…ない…」

…次の二語文なんだろ。笑