『がらがらどん』を読んだ後は…

絵本を読み終わったあと

妻です。

少し前におばあちゃんから『三びきのやぎのがらがらどん』をもらいました。

”トロルが どなりました”

”やぎは とても ちいさい こえで いいました”

”それは ひどく しゃがれた がらがらごえでした”

など、絵本を読む私たちが声を変えて読まなくてはならないようになっていて、

ほんとうにうまく出来てるなーと思うんですが、

絵が少し怖いにも関わらず聞いていて面白いからか、すっかりがらがらどんが気に入った息子。

毎日毎日何度も何度も、これ読んでーとがらがらどんを持ってきます。

 

ただ時々、がらがらどんを読み終わると、

img_0004

すたっと立ち上がって、

img_0003

魚焼きグリルの元へ走り寄り、

img_0001

中を開けることがあります(;^_^A

img_0002

 

…ん?

この魚焼きグリル、うちでは魚より羊を焼くことが多いんですが、

もしかして、がらがらどんを……焼いて食おうとしてる( ̄▽ ̄;)???笑

”もしも あぶらが ぬけてなければ、 まだ ふとっているはずですよ”

わわわわわわわ( ̄▽ ̄;)

…ヤギ、美味しいのかなあ( ̄▽ ̄;)?

ってゆうか、なんでがらがらどん食べれるって思ったんだろ。

お父さんが「うまそうだな」とか言ったのかしら…( ̄▽ ̄;)

 

ちなみに、お父さんが家にいるときは、

がらがらどんを読むのはもっぱらお父さんの担当。

img

がらがらどんの声が上手くて、面白いんです。笑

絵本は楽しくていいですねー♡