OPPA~I!!

OPPA~Iと叫ぶ子ども

妻です。

先日息子に「おっぱい」と言えるよう仕込んでみました、という話を書きましたが、

その後、「そうだ!”お母さん”も仕込めばいいんだ!」と思い至り、

ちょくちょく仕込んでおりますが全然進展しません( ̄▽ ̄;)

なぜ~~~( ̄▽ ̄;)???

 

でも「おっぱい!」はもうすっかりお手の物で、

今ではほかのどの言葉よりも明確にハッキリと発音できるようになりました。

何故か「おっぱい」の”ぱ”のところに妙に強いアクセントが来るので、

なんとなく英語っぽいんですけど。笑

img_0002

英語っぽいついでなのか、

もう片一方のおっぱいつねるのが痛すぎたり、

おっぱい飲みながら顔面はたかれたり(最近めっちゃ多い…)して

私がおっぱいを強制終了させると、

img_0001

只でさえ英語ちっくな発音にさらに頭に「わお!」が付いて

なんかコントみたいな感じに(;´Д`)

思わず吹き出してしまい、

諦めておっぱいをまた出す…ということがちょくちょくあります。

う~ん。なんだか悔しい(;´Д`)

 

そんな「おっぱい」完全マスターな息子は

意地でも「お父さん」「お母さん」は言わないつもりらしく、

「とーちゃん」「かーちゃん」とかちょっと言いやすくしてみても、

思い切って「パパ」「ママ」とか言ってみても、

「おっぱい!」「えきぃ!」「こーえん!」「うんちー!」

ってでたらめを返してきます(;´Д`)

そしてどんどん増えるほかの語彙…

「おいちー」「こーたい!(交代)」「おちゃー」「モーモー(牛・牛乳兼)」

「カンカン(消防車)」「ニンニン(人参)」「め(目)」「みみ(耳)」

なーーーぜーーー(;´Д`)???

 

ちなみにさっき『泣いた赤おに』を読んでいて

赤おにが人間に出したお茶を見て「おちゃーおちゃー」言うので

「お茶飲もか?」と温かい緑茶を入れたら、

「おちゃ おいちー」ですって( ´艸`)♡

img_0003

あら!これぞ二語文!!!

温かいお茶の美味しい季節になったね~♡♡