暑くないのかな?

寒くない?と聞かれた子ども

妻です。

最近お出掛けしていると

道ゆくおじいちゃんおばあちゃんにしょっちゅう声を掛けられるようになりました。

「あらー?元気ねえ。寒くないの?」って。

img

…服、着てるんだけど。笑

 

「寒くないの?」って聞きたくなる気持ちは分かりますよ。

急に肌寒くなりましたもんね。

うちの息子は基本的に半袖とおむつカバーでお出掛けしています。

工事現場前で立ち止まって何10分もじーっと夢中になっちゃうと

手足が冷たくなっちゃうけれど、

基本的にあっちゃこっちゃと走り回っているので

そんなに寒そう~って思うことはありません。

手もむしろ、長そでを着ている私より暖かいくらい。

 

だけど世の子どもたちって、みんな大人とおんなじ恰好してるんですね。

昨日公園で遊んでいてびっくりしました。

昨日はむしろ気持ちのいい秋晴れで陽のひかりが暖かいくらいだったのに、

土曜日でにぎわっていた公園で遊ぶ子どもたちは、

あっちもこっちも長そで長ズボン。

更にはセーターを着込んだ子まで。

半袖におむつの子どもはいませんでした(おむつ…はないか。笑)。

img_0003

長そで長ズボンであんなに公園ではしゃぎ回っていたら、

みんな暑くないのかしら( ̄▽ ̄;)?

子どもって、体温高いんじゃないの( ̄▽ ̄;)?

 

まあ体温の話はよく分からないから置いておくとしても、

確か、”三分の飢えと冷え”みたいな言葉がありました。

(”飢え”に関してはめっちゃ食べてます、ごめんなさい。笑)

真弓定夫先生も何かの本で”子どもは寒いくらいがちょうど良い”って

言っていた気がします。

真冬は別としても、まだ秋で、寒いと言っても肌寒いという程度。

このくらいの季節なら、子どもにはまだ半そで半ズボンを着せて、

肌に直接冷気を当ててやったほうが、鍛えられるんじゃないかな。

実際、家では裸で外では半袖おむつの息子は、

私や主人が風邪気味の時でもひとり何ともありませんし、

ちょっと風邪っぽいかな?と思っても、すぐに元気になります。

ほんと、頼もしい。

無理に寒い思いをさせよ!とまでは言わないけれど、

寒くないように、寒くないようにって服をたくさん着せるのは、

ちょっと違うんじゃないかな?

そんな、ちょっと子どもたちの厚着が気になるこの頃です。