おむつはずしと”助けたい”ってこと

感動する母

妻です。

息子を裸で育て始めてはや1年。

裸で育てながらこんなこと考えるのも可笑しな気がしますが、

「おむつって、どうやったら外れるのかなーーー」と最近よく考えていました。

うちの息子、家では裸ですが、

お客さんが来たり、外出をするときにはおむつを履いています。

家にいるときも、おむつはしていないけれど、

トイレでおしっこしてるわけじゃない(;^_^A。

あれ?トイレでおしっこって、どうやったらそうなるの???と、

なんとなーーく考えていたわけです。

 

そこで水曜日に外出先で偶然、間接的にお知り合いだった先輩ママにお会いしたので、

ここぞとばかりに聞いてみました。

「おむつって、どうやったら外れるんですか(´;ω;`)??」

「あまりよく覚えていないけれど…自分から”おしっこ”って教えてくれるようになった気が…」

「ああ、そっかぁ…。あんたまだ喋らないもんなぁ…」

そんなやり取りをしたのが水曜日。

 

翌日の木曜日。

朝起きた息子、

いかにも「あ!! おしっこ出る!!」という動きをし、てくてくてくてく。

img

すかさず、ささっとおまるを出すと、

じょぉぉぉぉぉーーーーー。

img_0001

…しゃ…しゃべってないけど絶対言った(;゚Д゚)!!!

今、おしっこ出るって絶対言ったーーー(;゚Д゚)!!!!!!

img_0003

 

その後も、

おしっこが出そうになる度にこの動きをし、

img

わっかりやすいのなんの!

 

しかも2~3時間の外出を2度したにも関わらず、

外出中はおむつを1度も濡らすことなく、

帰ってきて、おむつを外したとたんにじょぉぉぉぉぉぉーーー。

img_0001

しかも気が向いた時にはおまるをトイレに運んでくれるという…。

img_0002

 

結果、

昨日1日、家もおむつも1度も濡らすことなく、

すべてのおしっこをおまるでしてくれました( ;∀;)!!!

しかも、なんか勝手に( ;∀;)!!!笑

水曜日の先輩ママとの話を聞いてたのかなあ…。

俺まだ喋らないけど、おまるでおしっこくらいならするぜーーーって。

トイレでおしっこはしてないけど、

おむつも洗わなくて済むし、床も掃除しなくて済むし、なんて楽ちん!

img_0003

 

ここ最近、

なにかがうまく出来たり、お手伝いが出来たりすると、

自分で手を叩いてぱちぱちぱちと喜ぶ息子。

img_0005

”○○するとお母さんが喜ぶ”

”○〇するとお母さんが助かる”

そんな頭の経路が、急速に出来上がっているような気がします。

その経路のひとつに、”おまるでおしっこ”も加えてくれたのかな?

 

ひとは基本的に”助けたい”って思う生き物なんですよ、

という話を先日聞きました。

助けたい、助けたい、って思って、

けれどそれを受け取ってもらえなかったり、強く断られたり、

そうゆうことが続くと、ショックを受けて、トラブルが出てくるんですよ、って。

考えてみたら、息子は今まさしく”助けたい”真っ盛り。

掃除機もかけてあげたいし、

洗濯ものも干してあげたいし、取り込んであげたいし、畳んであげたい。

料理も作ってあげたいし、野菜も洗ってあげたいし、

ご飯は食べさせてもらうんじゃなくて、食べさせてあげたいし。

家の鍵も車の鍵も開けてあげたいし、

お買い物の荷物も持ってあげたい!!!

どれもこれも、

”やりたい”ってゆうより、”助けてあげたい”んですよね。

だって、「ありがとう」って言葉に、ほんとうに嬉しそうにするんですもの。

 

イヤイヤ期ってもしかしたら、

子どもたちの”助けたい”を受け取り損ねた先のトラブルなのかもしれない。

だってこの時期にこんなにも、”助けたい”が溢れているんだもの。

”助けたい 助けたい”って、

”お母さんの役に立ちたい”って、

”やらせて! やらせて!”って。

それを、「ちょっと邪魔だからあっちで遊んでて!!!」ってつい言っちゃうけど、

私たちは、「ありがとう」って、

「そしたら、お母さんはこっちをやるから、あなたはこっちをやってくれる?」って

「ああ、お母さんほんと助かっちゃったーーー」って

そんな風に受け止めていけるように過ごせたら、

あんまりイヤイヤ怒り出したりしないのかもしれないな。

 

はてさて。

そんなこと考えてても実際実行に移していくのは非常に困難ですから(;^_^A、

なるべく時間とこころに余裕をもって、

息子の”助けたい”をキャッチできるようになりたいな、と思います。

どうなることやら~。