歩き方いろいろアラカルト

大股歩きの子ども

妻です。

昨日の日記にはFacebookを通じてたくさんのコメントをありがとうございました。

子どもを守るためにお母さんは戦闘態勢になってるって話、

ああ、そうかもなーと思いました。

先日の検診で何が一番嫌だったかって、

確かにめちゃくちゃなことあーだこーだ言われたのもありますが、

泣き叫んで嫌がってる息子を両親から引きはがして

何人もの大人で取り囲んで羽交い絞めにして無理やり検診…ってのが、

本当に見ていて耐えられなくて。

泣き叫ぶ息子をすぐにでも連れ戻したくて。

「今ちょうど先生空いてますからすぐ入ってください!」とか、

「お母さんたちが居たら暴れちゃうから離れて!」とか、

なんかもう扱いがひどいのなんのって…。

別に受付順通りにやる必要なんてないのだから、

機嫌のいい後の子を先に済ませてくれたっていいのに…。

こっちは廊下で隠れておっぱいあげてどうにかなだめようと頑張ってたのに…。

ってゆうかどう考えたって怖い歯科検診を一番最初に持って来たりするから

子どもはその後の検診も全部怖いもんだと思って泣き叫ぶんじゃないか。

ああ思い出しただけでまたイライラで息が…。

こんなんなら虐待だなんだって言われたって検診なんか受けさせなければよかったー!!!

…あ、我慢してたのに結局愚痴が…。

 

まあそれはもう過ぎたこと。

今日は歩き方の話です。

いつのまにやらすっかり上手に歩けるようになった息子。

最近いろんな歩き方を楽しんでいるようです。

外ではもっぱら大股歩き。

IMG_0003

家ではうしろ手に組んで歩いたり、

(なんか爺くさい。笑)

IMG_0001

すわいしょう(?)しながら歩いたり。

IMG_0002

なんだかいろいろ面白いです。笑

 

先日この本を読んでから、なんだか息子と過ごす時間が楽になりました。

ほんと不思議。本っていいですね。

また本屋さん行っていろいろ物色してこよーう。