ふんどし育児の1歳4ヶ月

うんちを知らせる アイキャッチ

妻です。

あれよあれよと息子が1歳4か月になりました。

布オムツから、はだかんぼ・ふんどしに切り替えて半年ちょっと。

そもそもはだかんぼにしたきっかけはそんな大層なことではなくて、

オムツカバーから出た太ももやお腹がとてもキツそうだったからでした。

見ていて、なんだか苦しそう。

実際苦しかったかどうかは分かりませんが、それがオムツを外した一番の理由でした。

(よくよく考えれば、私だってズボンのウエストにお腹のお肉が乗ることはあるし、

見た目ほど苦しくはなかったのかもしれないな、と今なら思いますが…)

とにかくそんなこんなで始まった我が家のはだかんぼ・ふんどし育児。

最近は私のいるところでおしっこをすると、あ!!あ!!とオムツを要求してきて、

投げてあげると床を自分で拭いてくれます。

IMG_0002

いっつも中途半端なところで拭くのを投げ出してしまいますが、それでも嬉しい。

私のいないところでおしっこやうんちをすると、あ!!あ!!と呼びにきます。

IMG_0001

うんちは私のいるリビングではなく隣の部屋ですることが多く、

大抵終わった後に呼ばれます。

大量におっぱい飲んでるのに、いつのまにやらしっかりしたうんちをするようになったので、

床の掃除が本当に楽になりました。

ちなみに昔はよくうんちまみれのうんちさんになっていましたが、

(こんなの↓)

IMG_0003

今ではオムツで取ったうんちを息子に見せると、

「きゃあー!!」なんて言って逃げるようになりました。

IMG_0005

…臭いのはイヤらしい。笑

 

昔を思うと、どんどんどんどんいろんなこと覚えて、変わってきてるんだなあ、としみじみします。

昔って言ったって、ほんの数か月前のことなのに。

子どもの成長って、ほんとあっと言う間ですね。

ちなみに最近ではトイレでおしっこすることも増えました。

寝ている間にめったにおしっこをしなくなったので、

朝起きたあとやお昼寝のあとにトイレに連れて行くと9割がた、しゃーっ!!としてくれます。

生後すぐの頃、おまるでおしっこしてくれたときも嬉しかったですけど、

思ったタイミングでしゃーっ!!と出るとやっぱり嬉しいですね。

ついつい「ぐふふふふ」なんて言っちゃいます。笑

完全におしっこうんちをトイレでするようになるのはまだまだ先でしょうけど、

でもはだかんぼを始めた夏のころよりよっぽど楽になりました。

これからもどんどん変わっていくのだと思うと、

ちょっとさみしい気もしますが、けれどもはやり、楽しみですね。