はだかんぼと湿疹

授乳中の母と子ども アイキャッチ

妻です。

昨日乳製品と湿疹という記事を描きましたが、

今朝洗濯物を干していて思いついたことがありました。

…はだかんぼになってから、湿疹が治ってきてる。

IMG_0003

勝手に服を脱ぎ始めたころ、

はだかになると全身の湿疹が否が応でも目につくので、見ていて辛かったのを覚えています。

だから、あの頃はまだ湿疹がひどかった。

でもいつのまにやら湿疹は気にならなくなっています。

確かに昨日描いたとおり、乳製品をやめました。

けどもしかしたら、もしかしたら、

息子はまだ肌寒いこの時期にはだかになって、肌のなにやらを鍛えていたのかもしれない。

我が家は3DKに暖房器具(6畳用?)が1つしかないのでとても寒いです。

私はいつもその暖房器具の前をひとりで陣取り過ごしているのですが、

息子はそれでもいっつもはだか。

IMG_0002

なんか試したくないけど、この寒い中はだかでいたら湿疹治りそう。笑

しかも夜寝るときもはだかです。

 

それと、はだかで過ごしているので、自然と私たちが息子の肌に直接触れる機会が増えます。

IMG_0001

そういえばおっぱいをあげているとき、私はいつも背中をさすっています。

泣きじゃくれば背中をポンポンたたくし、抱きついてくればぎゅーっとする。

そんなごく普通のやりとりが、服を着ていないだけで、

息子の肌へ届くなにやらが全然違っていたんじゃないかと。

…ただの私の思いつきですし、湿疹が治るかもよーって言ったところで、

まだこの時期に子どもをはだかんぼにする親はなかなかいないと思いますが…。笑

 

主人に朝この話をしたら、「あり得るかもね」と言った後で、

「そんなにミルクティーが飲みたいか!」と言われました。

そんなんじゃないし!思いついただけだし!…と言いながら、

またミルクティーを思い出し、ちょっと切なくなった私です。…恋みたい。笑