ヘルペス性口内炎??

ヘルペスウイルス よだれの子ども

妻です。

先日の記事にはFacebookを通じてたくさんのコメントをありがとうございました。

私はもうすっかり元気です。

どうも、毎日毎日たくさんのお肉を食べながら、

いつまでも落ち込んだり悲しんだりは出来ないようです。

それで良いのだと思います。

 

今日は息子の話です。

一連の葬儀の間あちこち連れまわされていた息子。

藤沢の家に帰ってきてすぐ鼻水ずるずるになりました。

IMG_0005

風邪ひいたかなー。

無理させちゃったもんなー。

と心配しながらも、

私も主人も疲れ果てていてみんなでダウンしておりました。

一緒に眠ると息子が布団の中で熱々に発熱しており、

ああやっぱり風邪ひいたかなーといった様子。

数日すると鼻水はとまり、

鼻づまりになり口呼吸をしていました。

IMG_0003

おっぱい飲むとき苦しそうで可哀そうでしたが、

まあこのまま経過して治るだろうと様子を見ていました。

熱も日中は下がっているみたい。

段々鼻も通るようになってきて安心していましたが、

なんだか妙によだれが多い。

気が付くと服の襟元がびっしょびしょになっているのでよだれかけを装着。

IMG_0002

 

口呼吸だからかなあ?とまた様子見。

なんだかまた熱があがってる気がする息子。

ある夜、いつも必ず添い乳をしながら眠るのに、

その日はおっぱいを出しても無視してじたばたじたばた。

次第にガンガンに怒るようになり、

時々ふっと眠るものの、朝方まで泣きわめく息子。

IMG_0006

なんだかおかしいねえ、と、じーっと観察していると、

どうも舌になにやらブツブツが。

IMG_0007

しかもいつもより赤い気がするし、ものすごい口臭で臭い臭い。

病人の臭い?…という感じ。

よく見えないけれど歯茎も赤いし、

どうやらおっぱいが飲めないのは口が痛いからっぽい。

でもおっぱいは好きで、時々服をめくりにきてはおっぱいをつんつん。

はふっと口にくわえてにこーっと笑ったり、何やら楽しそう。

でも飲まない。

IMG_0004

あんまり飲まないと元気になった時におっぱいが出なくなる心配があったので、

時々搾乳してコップでおっぱいをあげていたら、

困ったことに息子が搾乳を真似して乳首をぎゅっぎゅと絞るように…。

とにかく、しんどそうなわりに元気な息子。

私のリンゴを奪って、歯茎から血を流しながらもリンゴをほおばる息子…。

熱もまだちょっとあるし、しんどい…んだよね???

IMG_0001

 

と、ここ1週間ほどまたどたばたしておりました。

今朝たまたまネットで見つけたところによると、

どうやらこれは「ヘルペス性口内炎」なのでは?と推定。

高熱、歯茎の腫れ、舌のブツブツ、大量のよだれ、おっぱいが飲めない…等々。

口が痛くておっぱいが飲めなくなるこういった病気をきっかけに、

卒乳してしまう子どももいるんだとか。

お母さん、もうちょっとおっぱいあげたいなあ。

「口が痛くなくなったら、またおっぱいたくさん美味しく飲めるからねー」

と、恐る恐るおっぱいを飲む息子に、授乳の度に言い聞かせている私です。

早く元気になーれ!