野村家のレシピ パン粉なしハンバーグ

野村家のレシピ

妻です。

主人が今、消化力を高める方法について連載していますが、

今日はちょっとおやすみ。

美味しい美味しいハンバーグの話です。

 

うちでは最近週に5日はハンバーグを食べています。笑

hanba-gu

 

(ハンバーグのイラストを書いたら美味しくなさそうだったのでネットで拝借しました。笑)

 

ハンバーグは、

わたしにとってはなんというか、特別な日のごはん。

ちいさいころの弟の誕生日とか、

お出掛け先のレストランとか。

なんだかおめでたいもので、

日常的に食べるものではありませんでした。

 

だから、

夕飯がハンバーグだったらとても嬉しかったし、

レストランのメニューにハンバーグを見つけると、

こころが浮き立ちました。

 

あのころから10年20年と経ち、

今や毎日ごはんを作る一家の主婦です。

 

すると、ハンバーグって楽ちんだし、

ひき肉安いし、

なによりなんだかうきうきするし(私だけ?)、

とっても嬉しいメニューなんですよね。

 

手に入ったひき肉の量によって、

ハンバーグだけどーん!ってのもいいし、

半熟卵とチーズを乗せてもいいし。

融通が効く?のもいいところ。

 

どうして私の母はあまりハンバーグを作らなかったのでしょう?

子供の頃ひんぱんにハンバーグが出てきたら、

私すっごく嬉しかったんじゃないかなあ。笑

 

そんな我が家のハンバーグ。

わざわざ記事にすることもない気がしますが、

よくある王道レシピよりかはとっても楽ちんに作れると思うので、

失礼承知で新米主婦が作り方をご紹介します。

 

野村家ハンバーグのポイントは、

パン粉を入れないこと(糖質は出来る限り排除!)と、

玉ねぎを生のまま混ぜることです。

 

それだけでベテラン主婦の方々はこの先読まずとも想像がつくかと思いますが(笑)、

以下レシピです。

IMG_0003

 

材料(2人分)

【ハンバーグのたね】

ひき肉 600g~1㎏

卵 1個

玉ねぎ 1/2個

塩・コショウ 適量

 

【ハンバーグソース】

醤油 適量

 

作り方

1.玉ねぎをみじん切りにする。

2.大きめのボウルに1の玉ねぎと他のたねの材料すべてを入れて手で混ぜる。

 

ふつう、玉ねぎは生地に混ぜる前に炒めるんですが、生玉ねぎで作るのも美味しいです。私はこれ、よしながふみさんの『きのう何食べた?』を読んで知ったのですが、玉ねぎが少しシャキシャキして、むしろこっちの方が美味しいんじゃないの?って思っています。パン粉なしハンバーグの場合、玉ねぎを炒めてつくるとむしろパサパサした仕上がりになってしまい、美味しくありませんでした。

つなぎのパン粉が入っていませんが、一生懸命混ぜなくても、適当でも崩れずちゃんと焼けます。

 

3.4等分して、両手でキャッチボールをするように空気を抜きながら、小判型に整える。

4.強火にかけたフライパンに油(脂)をひき、煙が出てきたらハンバーグを並べる。

 

我が家は、スーパーでただでもらえる牛脂を料理油(脂)に使っています。笑

うちのフライパンは小さいのでいつも2個ずつ焼いています。

 

5.適度に焼き目がつくくらいでひっくり返す。

6.両面に焼き目がついたらハンバーグの高さの半分くらいまで水を入れ蓋をし、中火に落として蒸し焼きにする。

 

蒸し焼きです。これは、国分太一・ケンタロウ『男子ごはんの本』で紹介されている、小林家(ケンタロウの実家)流のハンバーグの焼き方。失敗することなくしっかり中まで火が通るので、私にとってはハンバーグといえば蒸し焼き!です。

 

7.水がなくなってぱちぱちと油の跳ねる音がしてきたら、醤油を適量かけまわして少ししたら火を止める。(もしも中まで焼けているか心配な場合は、竹串でさして肉汁が透明になっていればOK)

 

我が家の手抜きハンバーグの味付けは醤油です。一般的な味付けはケチャップとウスターソースですよね。あれも美味しいよな~と思いますが、うちは主人がうるさいので(どちらも砂糖が添加されてますからね…)醤油、または煮詰めたトマト缶のトマトソース(夏なら煮詰めた生トマト)のトマト味にしています。

 

8.完成!

IMG_0002

 

…どうでしたか?我が家のハンバーグレシピ。

そんなの知ってるよ!常識でしょ!という方はお時間とってごめんなさい。

知らなかったーという方は、是非作ってみてください!

ハンバーグって簡単だったんだなーって

きっと思っていただけると思います。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

砂糖なし育児のすすめ!絵本作りました!

詳しくはこちら👇

砂糖なし育児サポートブック

2016.04.04