絵本棚

絵本の立ち読みをする子ども

絵本って楽しいですよね。

子どものだから…なんて言ってついつい買っちゃう絵本。

対象年齢に合ったものもいいですが、

私は気に入ったものは大きい子用でも買っちゃいます。

読めなくても見て楽しめますからね。

ここでは我が家にある絵本をご紹介したいと思います。

ひとん家の絵本棚って、なんか楽しくありません?笑

 

まずは絵本

『リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険』

リンドバーグ: 空飛ぶネズミの大冒険

あまりの絵の美しさと話の美しさに衝動買いしてしまった私のお気に入りの絵本なんですが、
最近は息子もとても気に入って見ています。
話がちょっと長いので小さい子に読み聞かせるのは無理ですが、
小さいうちは絵を見て楽しみ、大きくなったら話を楽しみ、と長ーくお世話になれそうな絵本です。

 

『すてきな三にんぐみ』

すてきな三にんぐみ

これも素敵な絵本ですね。表紙は前から見たことあって知っていましたが、
子どもが生まれてから始めて話を読みました。こりゃ確かにすてきな三にんぐみ!
黒い背景に綺麗な色のイラストが映えて、息子もお気に入り。
最初の方は話がとんとん進むので、ちいさいうちでも読み聞かせできます。

 

『くろくまくんとさけ』

くろくまくんとさけ

これは私が妊娠前にひと目ぼれして買った絵本。
Be絵本大賞から生まれた絵本とかで、BOOKOFFで新品を販売しています。
なにが可愛いって、“さけ”が可愛い!
さけがぼんっ!と出てくると、いつも息子はケラケラ笑います。

 

『レッツゴーおべんとう』

レッツゴーおべんとう! (コドモエ[kodomoe]のえほん)

これは傑作!
私はkodomoe(コドモエ)の雑誌を買ってきたときに付いてきた付録を持っているのですが、
繰り返し読みすぎてもうボロボロ。
私も主人もなにかにつけ「ゴーゴーレッツゴーなんちゃらら」ともはや口癖になっています。

 

『どんどこももんちゃん』

どんどこももんちゃん (ももんちゃんあそぼう)

話の終わりがね、きゅーんとしちゃいます。
テンポがすごく良くて、読み聞かせしていてとても気持ちのいい絵本です。
息子は本屋さんでももんちゃんを見かけると「あ!!あ!!」と駆けていきます。

 

『どこいったん』

どこいったん

これも妊娠前に私が一目ぼれしていて、産後に買った絵本。
ちょっと怖い?お話しなんですが、でもなんか心に残るんですよね。
息子はなぜかウサギさんが出てくると「あ!!あ!!」と言います。
…話が分かってるのかしら?

 

『おばけのバーバパパ』

おばけのバーバパパ

バーバパパっておばけだったの!しかも庭で生まれたの???
とはじめの1ページ目でもう虜になりました。笑
絵がほんと素敵で、読み聞かせる度にため息ついちゃいます。
息子は逃げたヒョウがお気に入りです。

 

『おじょらぽん』

おじょらぽん (0.1.2.えほん)

こーれも絵がきれいな絵本!
息子の大好きな動物がつぎつぎと出てきます。
主人はこの絵本がきっかけで何故か息子を「おじょらぽん」とあだ名し、
息子は最近「ねんねんねん」とよくしゃべります。笑

 

『しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん』

しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん (幼児絵本シリーズ)

これは出産祝いに友達にもらった絵本。
「いつものこと」がこうやって絵本になると、「ちょっとすてきなこと」になる感じがしますね。
もうちょっと大きくなったら、「しきぶとんさん敷くよー」って一緒にお手伝いしてくれるかも。

 

『うんこしりとり』

うんこしりとり (こどもMOEのえほん)(コドモエ[kodomoe]のえほん)

好きですねー、こうゆう話。男の子だからかな?
これも出産祝いで友達にもらった絵本。
息子は何故か「こいのぼりのうんこ」にくるとページを逆戻りさせます。笑

 

『はらぺこあおむし』

はらぺこあおむし エリック=カール作

有名なお話ですね。うちには“ボードブック版”という小さくて分厚いものがあります。これもいただき物。
「はらぺこあおむし買おうかなー」と思っていたところに届いたすてきな贈り物でした。
穴の空いているしかけ絵本はやっぱり子どもには楽しいようで、
息子は土曜日に食べたたくさんのカラフルな食べ物に指を通しながらよく遊んでいます。

 

『にじいろのさかな』

年少版 にじいろの さかな (にじいろのさかなブック)

これもいただき物。
読むときに“ママ”という呼称がちょっとこっぱずかしいんですが、
キラキラ光る魚がきれいなお話し。
私こんな頼もしいママになれるかしら?

 

『おばけだじょ』

おばけだじょ

『うんこしりとり』と同じtupera tuperaさんの絵本。
なんだこのかわいいおばけは!!とつい手に取ってしまったんですが、
読み聞かせに楽しい絵本ですね。
なんども読んでいると「○○だじょ」と言うのがクセになります。笑

 

『泣いた赤おに』

ないた赤おに (大人になっても忘れたくない いもとようこ名作絵本)

名作も必要よね!と買った絵本。私はいもとようこさん版の絵本を買いました。
まだ息子には早いかなーと思っていましたが、
以外にも“鬼”が気に入ったようでけっこう読まされています。
と言っても話が長いので今はまだ絵を楽しむだけです。

 

ここからは写真集・図鑑

『たのしいまきば』

たのしいまきば

こちらは絵本ではなく写真集。
ヤギ好きの息子のために衝動買いした写真集なんですが、これがほんとに可愛い!
ヤギにひつじに牛にアヒルに…可愛くて、そしてみんな近くの動物園にいる動物たちばかり。
この写真集はよく息子がひとりでめくってはケラケラ笑っています。

 

『猫の旅地中海』

猫の旅 地中海

これは主人が持っていて、治療院の待合室に置いていたものを持って帰ってきた写真集。
ネコ好きの息子はページをめくってネコを見つけては「あ!!あ!!」と大騒ぎしています。

 

『田んぼの生き物図鑑』

田んぼの生き物図鑑 増補改訂新版 (ヤマケイ情報箱)

これも主人が昔買って持っていた図鑑。
いろんな生き物が載っていて息子もけっこうお気に入り。
いろんなカエルの成長の違いとか、読んでいるとついつい私の方が夢中になっちゃう1冊です。

 

『野鳥』

野鳥 (ヤマケイポケットガイド)

これまた主人の持っていた本。野鳥の図鑑です。
鳥がいっぱい載ってます。
そしてやっぱりこれも、ついつい私が夢中になって読み込んでしまう…。